PROFILE

村上萌・写真

MOE MURAKAMI
1987/8/16
Lifestyle Producer

moe@gar-ten.com

MORE

TOP STORIES

NEXT WEEKEND

ちゅうもえの楽屋にいらっしゃい♪

ARCHIVES

 

RSS

明けましておめでとうございます。

Sat, 2 January 2016

明けましておめでとうございます。

インスタグラムのせいかおかげか…、

もっぱら更新することが少なくなったブログの存在。

だけどこうして節目に更新していくことで、

自分自身、過ぎた時間をかたまりとして整理していけるので

これからも定期的に更新していきたいと思っています…。

こんなスタイルですが、2016年もよろしくお願いします。

(なんか久々なのでどばっとこの数日の写真を載せてみます…)

IMG_1092 3578588906984.LINE 3578588861227.LINE IMG_1075 IMG_1006

IMG_0996

 

2015年を振り返ると、私の中では実験の年でした。

敢えて、考えすぎずになんでもやってみました。

もうなんだろう、地図を持たずに、身ひとつで野原を走っている状態。

 

たとえば…、

数年前までは1人で気ままにフリーランスみたいな働きかたをしたいと思っていたのに、

今年の春、社員を2人増やし更に2人ほど新卒をとり、気付けばインターンも増えていました。

 

数年前まで「何かをプロデュースできるひとになりたい!」という言葉を、

深い意味もわからず使っていましたが、

偶然ではなくしっかりと続けていくためにも、

自分の考えをわかりやすい形にしたいと思うようになり、

4年前にNEXTWEEKENDという暮らしのブランドをつくることにしました。

今年はようやく私が前に立たないでも、

ちょっとだけNEXTWEEKENDとして活動ができるようになり、

沢山イベントをしたり、動画を作ったり…、秋には雑誌も創刊しました。

 

ただ、どれもこれも、計画していたわけではなくただひたすら突っ走っていた結果でした。

「離れてほしくない!この人達と一緒に進んでみたい!」と思ったから会社組織にしただけだし、

「今ならできるかも!」と思ったから必死で取り組んでできた、映像や雑誌でした。

 

でも、こうしていっぱい実験したからこそ、野原の途中で見つけたものが沢山ありました。

それが多くの出会いや、振り返ってやっと見えてきた結果たちであり、仲間という存在でした。

 

見えかけてきたものがあるから、

今年はもう少し落ち着いて、地図を見ながら冒険を楽しみたいと思います。

 

また、プライベートでは夫の所属するコンサドーレ札幌が、

惜しくもJ1昇格に届かず悔しいシーズンでしたが、

彼自身、中堅としてのチームでの役割も見えて来たようなので、

また札幌にいられる今年を感謝しながら、私は妻として精一杯明るく夫を支えて、

今年こそJ1昇格を目指したいと思います。

なにより、私は本当に札幌という土地が好きで、

季節との関係や、その中にある天気のことや食材や温泉、

どれをとっても、これまで住んだ中でもずばぬけて理想的な生活が送れているので、

いつまで居られるかはわかりませんが、夫のおかげでこんなに好きな場所に出会えた

この数年が、将来自分たちの宝物になるように、今年もしっかりと開拓したいと思います♫

 

そんな昨年のまとめと今年の抱負です。

今年の年末に「ああ。なんて面白い一年だったんだ!」とぐっすり眠れるように

しっかりと進みたいと思います。

このブログを読んでくださっているかたにとっても、

2016年がそんな年になりますように。

 

また、日頃のことはこれからもインスタグラムが中心となると思うので

よかったらこちらをフォローしていただけたらと思います。

@moemurakami_

(夫のインスタもよければ…!→@tokuraken

 

ちょっと振り返ってみたら、毎年お正月にはブログを更新していたので、

ちょっとひとりまとめサイトみたいなことをしてみます。

 

 

2014年お正月の記事

4年間住んだ愛しい神戸を引っ越して、間にデンマークを挟みつつ北海道への引っ越し。

自分の仕事のスタイルに限界を感じて、チームで動くことを考え始めたのがこの年の秋。

hokkaido1

 

2013年お正月の記事

この年の秋に、個人として本を出版できたのは大きな出来事となりました。

そんなことはまだ知らなかった新年の記事。

hAWAI6

 

2012年お正月の記事

結婚とNEXTWEEKENDのスタートで、よくわからないことも多い中

色々流れに身を任せながら決断してみた年でした。

この前の年までは結構血迷ってたから、そんな中でも決断できた、良い年だったな。

Tokura 2012© Photos by: Jayson Tanega

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • facebook
  • twitter
  •  
  • HOME
  •  OLDER POSTS >